プラスチック試作の豆知識
プラスチック試作の試作ドットインフォ
テクノラボのロゴ
A.方法は幾つか考えられます。
1)商社に依頼する
一番オーソドックスな方法です。 慣れている商社であれば、取引のある設計メーカー、試作メーカー、量産メーカー、金型メーカー等と取引がありますから、全体を見通して発注代行をしてくれます。 ただしその分コストは少し高くなります(2から3割程度でしょうか)。 注意する点としては、昨今は知識の乏しい営業マンが増え対応が不十分ということもあるようです(特に若手の営業マンが来たら、その可能性大です)。
2)デザイン会社に依頼する
デザインは最終製品の価値に大きく影響してくるため、最近では避けて通れない製品構成要素となっています。 デザイン会社はその過程で必ずかかわるため、そこで一括して依頼できれば最も楽な依頼ができるはずです。 なのですが、デザイナーはモノづくりが本業ではない為、一部にデザインのみで生産まで考えていないデザインがあることも事実です。 良く見極めて依頼すると良いでしょう。 3Dのデザインを出し、金型まで知見があるデザイナーさんならかなり安心です。
3)設計会社に依頼する
デザイナーさんとは逆に、モノづくりについては結構知っている方が多いところは安心です。 ただ価格は設計時間でチャージされ、「作ってみないと分からない」のがちょっと怖い気がします。 慣れて馴染みの相手が出来れば良いのですが。
4)試作メーカーに依頼する
図面から作成してくれる試作メーカーも最近増えており、こちらは確実にサンプルが出来るところが安心です。 ただデザイン性まで考えられるか、となるとほとんど出来る所がないようです。 また量産とは作り方が違いますので、事前に量産メーカーとすり合わせつつ仕事をしてくれるメーカーを選んだ方が良いでしょう。
5)量産(成形)メーカーに依頼する
図面から作成してくれる量産メーカーも最近増えており、こちらは最終製品のコストまで見積もれるところが安心です。 ただデザイン性や、試作手配で甘い部分があることも多いようです。
6)テクノラボに依頼する
テクノラボはデザインから試作を社内で手掛けております。 また従来量産を行っていたこともありますから、その設計は量産性を十分加味しております。 トータルのコストと品質では、国内最安値レベルを常に保持しているという自負があります。
Copyright(C)techno-labo. All Rights Reserved.